働きやすい工夫があるからタクシー会社への転職は人気がある

誰でもなれる?

タクシードライバーに求められるものは、すべて研修で取得できるので、クリアすればどなたも路上を走ることができます。まずはタクシー会社のサポートを見ていきましょう。

就職難にならないサポート体制

履歴書

二種免許取得のお手伝いをしてくれる

お客さんを目的の場所まで送り届けるには、二種免許取得が必要となります。指導をみっちり行なうので長年運転していないペーパードライバーの方も大丈夫です。さらに、二種免許取得に必要な費用は転職先のタクシー会社が全て負担しますから、経済的不安を感じることはないでしょう。

タクシードライバーに必要なノウハウが身に付く

車の運転できるだけでなく、タクシー運転手にはコミュニケーションの取り方、言葉の使い方、地理、メーターの見方など様々な事を勉強しなければなりません。でも大丈夫です。これらのノウハウは、プロの指導員が丁寧に教えてくれるので、研修修了間際には自信がついているはずです。

転職までのサポートがある

就職難の世の中で、職へありつけるのか心配な方も多いはずです。しかし、タクシー運転手に限っては現在人手不足に陥っているので、比較的スムーズに転職ができるかと思います。また、業界を知り尽くすコンサルタントがあなたに合う求人を紹介し、サポートをするので職探しが難航することはないでしょう。

タクシー運転手になりたい人が多い

定年退職をした中高年の方がなる職業のイメージですが、近年は新卒の方が積極的に求人へ応募をしています。その理由をまとめたので転職に役立ててください。

こんな魅力がある

稼げる

タクシー会社の転職サイトに掲載されている求人は、年収500万円から600万円以上の年収を約束するものばかりです。こうした稼げる会社は、今のところ退職者がいないので働きやすい環境なのだと一目でわかります。

環境がいい

未経験の方が安心して働ける場所といえば、業界経験者は真っ先にタクシー運転手と答えるでしょう。入社した人たちが長期間安心して働き続けられるよう保証がしっかりしており、年齢制限もありません。60歳過ぎた人もバリバリ活躍していますから、他の業界より馴染みやすいといえます。

頑張った分だけ返ってくる

タクシー運転手の報酬は、歩合制であることがほとんどです。ですから、多くの乗客をゲットするとその分の報酬が自分に返ってきます。名指しで指名があるほど人気者になれば、一か月でもらえるお金はかなり多くなります。報酬型ならやりがいを感じられるでしょう。

気になる求人に応募しよう

転職サイトで気になる求人をいくつか発見した後は、面接をする準備をしましょう。特に面接で聞きたいことが沢山ある場合は、メモしておくと良いですね。最も多い質問をリスト化したので見てみましょう。

よく投げられる質問

  • 有給休暇のこと
  • 給与形態
  • シフトの自由性
  • 福利厚生の充実性

どの会社が良い?

タクシー会社へ転職する際に気になるのが会社の大きさです。求人には、大手と中小企業の二つが存在するので、どちらも特徴は先に把握しておくといいでしょう。

働きたい環境は?

稼ぎを大きくしたいなら大手

大手と中小企業の大きな違いは、稼げる金額です。タクシー運転手の場合、人によって稼ぎが全く違うので基本は収入と歩合制です。もちろん、人を多く乗車させた人の方が倍稼げるのでお客さんを確保する機会が多い大手の方が稼ぎは上になります。さらに、大手企業と契約しているタクシー会社の場合、役員の方がタクシーチケットを利用して長距離移動をするのでより多く稼げるようになります。福利厚生も揃っているので、働く者に安心を与えます。

仕事のしやすさで選ぶなら中小企業

ノルマが少なく、接客への厳しさもそこまでないことから大手よりは気楽に働けるイメージがあります。帰庫時間の縛りもなく、休憩は自分の好きな時に入れます。ただ、大手タクシー会社のように固定客がついていない場合が多いので、予め人が集まる場所をチェックしておく必要があります。いずれにしても、自由度は大手より勝っているので、ゆったり働きたい人に最適でしょう。

[PR]

コールセンターの派遣情報が満載!
働き方を選べる職場★
広告募集中